薬のケースと笑顔の男性
幸せなカップルと白い薬
笑顔のカップルと多様なカプセル
公開履歴
満足する男性

EDジェネリック医薬品は個人輸入でしか入手不可となっています。
というのも、EDジェネリック医薬品の正規品は現時点ではほぼ存在していません。
医薬品にはすべて20年~25年程度の特許期間が設けられており、その特許期間が切れた後に製造されるのがジェネリック医薬品です。
ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスが存在しますが、このうちバイアグラの特許が2014年5月にようやく切れたばかりです。
これを受け、バイアグラのジェネリック医薬品は国内メーカーから販売されるようになってきましたが、レビトラとシアリスの特許期間は未だ持続中です。
よって普通に考えればレビトラとシアリスの正規製造のジェネリック医薬品は存在しないということになるのですが、実はバイアグラ含め特許期間中のED治療薬のジェネリック品がインド製に限っては販売されているのです。

インドでは他国と医薬品特許法が異なり、同じ成分を使用しても製法を真似なければ特許法違反には当たらないとしています。
よって、インド製においては特許期間中のEDジェネリック医薬品が存在するわけです。
ただし、こうして誕生したEDジェネリック医薬品はインド国内での販売に限定されているため、もし購入するとしたらインドに出向く又は薬 個人輸入に頼るしかありません。
インドに出向くのは大変ですので基本的には個人輸入を利用することになるでしょう。

個人輸入でしたら医師の診察を受ける必要もないので、手軽にEDジェネリック医薬品を購入することが可能です。
実際、簡単に購入できる且つ安いということで個人輸入を利用している人は少なくはありません。
もしEDジェネリック医薬品の購入を検討するのなら個人輸入を考えてみましょう。

記事一覧