直腸がんの治療後のED治療薬の効果について

EDで悩む人は、最近になって昔に比べると増加傾向にあり、インポテンツの患者数や予備軍は国内だけで1000万人程度いるのではないかといわれています。
このEDになる原因としては、精神的なものや内科的な疾患、外科的な疾患などが関係してきますから、原因は様々であるということが言えます。
例えば、内科的な疾患としては、糖尿病や肝臓病、腎臓病などの身体疾患、うつ病などの精神疾患などが関係してくることが多く、これらの疾患によってEDを発症させることがあります。
このような内科的な疾患や精神的な疾患の症状があると、ペニスの方に十分な血流が行かなくなることによって、勃起不全になったり、勃起状態が継続しなくなったりしてEDになると考えられます。
また、交通事故など、外部からの刺激によってEDになることがありますが、これはがんの手術後でもEDになることがあります。
手術後にEDになるケースとしては、特に前立腺がんの手術後であったり、直腸がんの手術後にEDになることが多いといわれています。
しかし、このような状態になったとしても、ED治療薬を服用することによって、改善する可能性は十分あるといわれていますから、あきらめずに治療を続けることが大事になってきます。
また、ED治療薬を服用しなくても、手術後ある程度時間が経過することによって、EDが改善していくこともありますので必ずしも薬が必要ではないケースもあります。
もしもある程度経過してもEDが改善されなくてED治療薬を服用する場合は、心臓疾患などがないかどうかを確認していから服用することが大事になってきます。
心臓疾患などがある場合は、ED治療薬を服用しても大丈夫かどうかということを医師に相談してから服用することにするとより安心です。

最近の投稿
No image 2019年12月11日

直腸がんの治療後のED治療薬の効果について

人気記事一覧
4
No image

直腸がんの治療後のED治療薬の効果について

2019年12月11日

(141 Views)