ジェネリック医薬品に関する日本での認可率

音楽を聞くカップル

ジェネリック医薬品とは特許の切れた医薬品ことです。
これまでに効能や安全性が認められた医薬品とほぼ同等の成分で作られています。
新薬と比較して、開発期間や経費がかかりにくいため、価格を抑えることが可能です。

欧米よりも日本での認可率が低いことが指摘されています。
欧米での普及率は6割ほど、それに対して日本での普及率は2割ほどにとどまります。
これは主に、医療保険制度の違いによるものと考えられています。
また、知名度の低いメーカーの医薬品に対して懐疑的な人がいることも事実です。

日本では高齢化が急速に進んでいることもあり、医療費問題は深刻です。
そこで政府は医療費の削減を期待し、ジェネリック医薬品の普及を進めています。

しかし、ジェネリック医薬品は新薬と完全に同じ効能があるとは限りません。
正確には、統計学的に誤差の範囲内であれば、同等であると判断されるということです。
医薬品を作る過程では、主成分以外にも様々な特許が存在します。
したがって、製法の違いなどにより、効き目に差が出る場合もあります。
また、有効性や安全性を裏付けるデータが新薬よりも圧倒的に少ないのも事実です。
医薬品には命にかかわるものも数多く存在するため、そのようなリスクを十分把握した上での使用が求められます。

最近の投稿
音楽を聞くカップル 2019年09月06日

ジェネリック医薬品に関する日本での認可率

人気記事一覧
2
音楽を聞くカップル

ジェネリック医薬品に関する日本での認可率

2019年09月06日

(123 Views)